俺らの神様

今から四年ほど前のこの季節、、

中学三年生のりゅうは必死でした。

中学の三年間は部活があるから頑張れた、といっていいほど
皆で楽しく真剣に真面目に過ごした吹奏楽部。

他の部活よりも卒部の時期が遅いのに
りゅうの受験モードに軽くスイッチが入ったのは10月ごろのこと。

「あーーーー楽器が吹きたい」

受験モードになってはみたものの
楽器吹きたさにストレスたまりまくりの日々。

それでも少しずつ受験生としての時間にも慣れていき、
12月になったら本気モード目の色が変わった。
吹奏楽の仲間とも同じ塾だったのも
よかったのかもしれない。


夕方からの塾が終わって、目の前のコンビニで夜食を買って
仲間と談笑しながらちょっと休憩。
この仲間とのちょっとの時間が、すごくいい息抜きになったのよねぇ、、

そして本番直前の
塾の帰り道、夜遅く、、

「神社にお参りに行かん?」

りゅうが言ったのか
友が言ったのか、、

「いいねぇー行こう行こうっ」
気持ちは一緒。

「神様にもお願いしたら安心やん」

幼稚園のころから何かにつけお参りして
守っていただいてる地元の神社へ到着。

「あっ、お賽銭がない」

りゅうは塾帰りのコンビニでおにぎりを買ってしまったので
財布の中はからっぽ。
いつもならズボンのポケットに小銭があるのに
きょうはそれもない。
大変っ、

友達は?

「おれもない、さっき使ってしまった」

のんきなところにてるよねぇ、、

どうする?

「せっかく来たけん、お願いしていこう」

そうやね。

「神様どうか希望の高校に入れますように
よろしくお願いします。今日は一円も
お金がないのでツケってことになりすみません。
合格したら絶対お金をもってお参りに来ます」


と驚きの大胆すぎるお願い
神様にツケのお願いだなんて、、
びっくりすぎる~

合格発表の日、午後から高校で説明を聞き教科書を購入して
やっと帰宅、やれやれ落ち着いたと思ったら

「神社に行ってかみさまに報告してくる」と
あわてて家を出ていくので、
良い行いをするもんだと感心していたら
お参りから帰って詳しく話してくれました。

友達と二人で神様のもとへ行き、
ツケをしたお詫びと
ふたりとも希望の高校に合格できた報告をし
お賽銭をいれてきたって。

神様もあきれたよねぇ、、
それでも守ってもらえてよかったよ~

「おれらの神様、最強やん」

合格したらお参りに来ますって
虫が良すぎるよね

神様本当に失礼な息子たちで申し訳ありません。
お守りくださりありがとうございます。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント